東京 埼玉 訪問出張カウンセリング・オンライン相談 ★対人恐怖症 不安症 ひきこもり ★ 精神分析・夢分析・芸術療法・家族療法★

東京 埼玉 えむ心理研究室のブログへようこそ。
カウンセラーは臨床心理士です。和やかな雰囲気の中で専門的な心理療法やカウンセリングが受けられます。


場所はご自宅orカフェ。
インターネット(スカイプのビデオ通話)や電話での相談も可能です。


精神分析的心理療法・来談者中心療法・夢分析・イメージ療法・芸術療法・メンタルコーチングなどの専門的な心理療法で
悩みの解決や症状軽減を目指します。


外出恐怖症、対人恐怖症、不登校、ひきこもり、抑うつ気分、不安神経症、社会不安障害、全般性不安障害、ご家族の心理教育、ご家族の対応改善による現状打破等などに効果があります。


■「カウンセリングを受けたいけれど外に行きづらい」と思っていた方、
■ひきこもり状態等のご家族への対応に悩む保護者の方、
■アーティストやクリエイティブなお仕事をしている方で無意識の力をさらに活用したい方、

ご自宅まで出張するタイプの心理療法や、スカイプを利用したオンラインカウンセリングをぜひお試しください。
<< 「人の目が怖い」「人混みに行きたくない」視線恐怖症を心理療法で改善【事例・モデルケース】 | main | 家族療法・家族カウンセリング >>
パニック障害と外出恐怖症のつらい症状や強い不安感が訪問心理療法で軽減|臨床心理士の出張訪問カウンセリング 事例(モデルケース)
パニック障害を発症後、外出するのが怖くなってしまった方の、訪問による心理療法の事例(モデルケース)です。

次のような方の参考にしていただけると思います。
  • パニック障害を発症してから、外に出るのがつらい
  • パニック発作自体はそれほどひどくないが、外出恐怖症である
  • 外に出なきゃ出なきゃと思うのに、漠然とした不安から外に出られない
  • カウンセリングや心理療法を受けたいけれど、外出が怖いために受けに行けない
  • 外出恐怖症のために仕事をやめ、外の自販機すら行けなくなった
  • 外出が不安なため家族に頼ってしまっているが、なんとか現状打破したい
  • パニックや外出に対する不安を心理療法やカウンセリングで軽減したい

家 イルミネーション

 
20代後半・独身・元派遣社員のB子さんは、パニック障害と外出恐怖症に悩んでいました。

派遣先の会社から自宅に帰宅するときに急に動悸やひどい不安感に襲われ、それから外に出るのが怖くなり家に閉じこもるようになりました。
 

「外へ行かなきゃ」「仕事しなきゃ」と思うけど、不安に負けてしまう

心理療法開始直後のB子さんは、憔悴した雰囲気でした。
「外へ出なきゃと思うけど、不安で仕方ない」
「また、あの苦しい発作みたいのが起こると思うと・・・」
外出に対してノイローゼのようになっていました。

そこまで思いつめる必要はないこと、少しずつがんばっていこうということを伝え、外出への不安や怖さを軽減するための心理療法を開始しました。
 

「どこへも行けない」絶望感

「普通のことができないって、こんなに自信がなくなるものなんですね」
B子さんは言いました。
B子さんは、真面目で勤勉、大学卒業後に新卒で入った会社をリストラされてから、「親と同居はしているものの迷惑をかけられない」と、「とにかくすぐに働かないと」と思って派遣に登録。
しかし、派遣先はかなりハードな仕事で残業が続き、職場の人間関係にも悩み、心も身体も疲弊していたときに、パニック発作が起こったのでした。
 

パニックの原因と自分自身を見つめる

がんばり屋で何事も真面目に考えるB子さんにとって、パニックの恐怖は色濃く残りました。
そして、「みんな同じ風に働いているのに自分だけこんな症状が出るなんて、わたしはダメな奴なんじゃないか」と考えるようになった・・・とのことでした。

B子さんは、パニックの原因が、もしかしたら自分の弱さというよりも、性格や考え方にあるかもしれないと考える方向へシフトしました。
「いつも、人よりがんばろうとしていました」
「彼氏と別れたばかりで、結婚にも焦っていて、なんだか自分がよくわからなくなっていて」
「何のためにがんばっているのか・・・生まれて初めてそんなふうに思った時期にパニックが起こったのでした」

「毎日を頑張ること」だけに費やされていた思考が、少しずつ「心の中」へ入っていきました。

心理療法を通してたくさんの気づきが生まれました。 「目的もなくがんばっていた自分」「将来について不安だった自分」が浮き彫りになりました。
 

少しのがんばりをうんとほめてあげる

B子さんは、月に1〜2度、抗不安薬をもらうために心療内科へ行くときだけ、決死の覚悟で外出していました。
クリニックへはお母さんの運転で連れて行ってもらっていますが、助手席でぎゅっと目をつぶって必死に不安に耐えていると言います。

「心療内科へ行くときも、すごくがんばっているんです」
「心療内科にひとりで行けず親に送ってもらって、こんなにも不安になって・・・と自信をなくしていたけど、心療内科へ行けただけでほめてあげたくなってきました」

B子さんは、日々のどんなことでも、自分が不安を抱えながらでもがんばったと感じたら、少しずつほめてあげるようになりました。
 

短時間、公園でカウンセリング

訪問での心理療法は、B子さんの家のリビングで行っていましたが、B子さんは少しずつ、家のすぐ近くの公園でカウンセリングをし始めました。
青空のもとで、B子さんは「空ってこんなにきれいだったんですねぇ・・・」と和やかな顔で言いました。
もう「がんばることにがんばる」、ちょっと不自然なB子さんの真面目さは軽減していました。

公園でパニックをおそれたり、軽いパニックが実際に出たりしたこともありました。
しかし、B子さんは焦らず失望せず、ゆったりした気持ちで、「外でのカウンセリングは、怖いけど、楽しいです」と、晴れた日には公園のカウンセリングを楽しむようになりました。
 

買い物に行けるようになり、アルバイトも

精神分析的心理療法で、本来の自分、焦らない自分を得たB子さんは、認知行動療法的なホームワークを試行するようになりました。
「お母さんといっしょに公園でお茶を飲む」「ひとりで家の周りの1ブロックを散歩してくる」「ひとりで、コンビニで1つだけ好きなものを買ってくる」・・・段階的に、焦らず、ホームワークをこなしました。その際、「がんばりすぎない」「怖くても楽しむ」ことを目標にしました。
時間はかかりましたが、お母さんの協力もあり、B子さんはひとりで買い物へ行けるようになりました。

不安を抱えながらも、B子さんにとってちょうど良い、焦らずがんばるスタイルが出来始めました。
短時間のアルバイトからフルタイムに近いアルバイトへと移行し、今は正社員目指して適度にがんばっています。

 


***********************************************
東京 埼玉 えむ心理研究室
 訪問カウンセリング・スカイプカウンセリング
HP:http://online.m-free-project.com
メール:gt37fsi@yahoo.co.jp
お問い合わせ・お申し込み:えむ心理研究室 メールフォーム

【臨床心理士の専門的で和やかなカウンセリング】
★訪問カウンセリング ★スカイプカウンセリング(オンラインカウンセリング)
★精神分析的心理療法 ★来談者中心療法 ★夢分析 ★イメージ療法 ★ゲシュタルト療法
★自信をつけるカウンセリング ★人間関係改善カウンセリング
★家族関係改善カウンセリング ★親子関係改善カウンセリング
★不登校支援カウンセリング ★社会復帰支援カウンセリング 
★対人恐怖改善カウンセリング ★性格改善・性格調整カウンセリング
★苦手克服カウンセリング ★本音打ち明けカウンセリング
★子育て支援カウンセリング ★恋愛の課題解決カウンセリング
★学校の先生の「うつ」改善カウンセリング ★職場のメンタルヘルス講座
★カウンセラーの自己分析カウンセリング ★心理学を志す方の自己分析セラピー

【出張訪問地域】
板橋区 練馬区 豊島区 北区 杉並区 新宿区 渋谷区 中野区
三鷹市 武蔵野市 西東京市 小金井市
さいたま市(南区・浦和区) 新座市 川口市 朝霞市 和光市 川越市

カフェカウンセリング:
池袋 小竹向原 氷川台 練馬 朝霞 成増 目白 練馬春日町

【えむ心理研究室 サービス一覧】
★不登校支援!関東圏外の方支援!「インターネット家庭教師×心理カウンセリング」
★東京・埼玉の皆様へ「楽しくてわかりやすい家庭教師」&「専門的な訪問カウンセリング」
★自分で決めた道に自信が持てる!和やかに心を整理する「カフェ・カウンセリング」
★外出が難しい方、お仕事が忙しい方へ!「訪問カウンセリング・スカイプカウンセリング」
★論文、企画書、人間関係改善をサポート!「大学生・社会人・専門職のためのコーチング」
***********************************************
| えむ心理研究室 臨床心理士えむ | ★事例(モデルケース) | 02:20 | comments(0) | - |